着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

子供用着物

七五三参り。女児七歳用着物を仕立てました。


毎年、この季節を迎えますね。 十一月十五日は、全国の神社で七五三参りで賑わいます。
見慣れた行事の中、子供用着物の色彩・色調は、その時代の流行りがあります。
今回のお問い合わせ、仕立ては、着物が普段着から行事用着物に変わりつつある、平成の時代に制作されたアンティークの着物です。
有名な人形師さんデザインのこの着物を女児七歳用の晴れ着に仕立て直しました。

普通なら、古典美と表現される型友禅染めの着物ですが、鮮烈な赤色と、着物全体に散りばめられた丸く模ったデザイン。花丸文様(あらゆる草花を円形の中に収めたデザイン)紅葉の丸、桜の丸、そして、動物のうさぎと合わせた文様合わせの花兎が描かれています。
古典美の花丸文様が、人形師さんの感性によって、大胆で斬新な着物に思えて、新鮮な印象を与えてくれます。

仕立てについてですが、ほぼ、大人仕立て、四つ身仕立てになります。
違うところは、肩に揚げをしているのと、衿に紐飾りを施しています。柄合わせは、花丸文様が両袖、両身頃に屈かないように心掛けて仕立てました。

初めての着物や袴、足袋に草履に戸惑いながらも、晴れ着に身を包む姿は、男児は誇らしげに、女児は凛として日本人の誇りを感じます。

←前の事例次の事例→