着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

男物着物

男物大島紬羽織


男物大島紬羽織を仕立てました。普通は羽織と着物ペアーで仕立てをしますが 羽織だけの注文の場合は、まず、身長から着物の着丈を割り出し、そこから1尺3寸引いたものを羽織丈とします。ひも付けの位置はお客様の体型により、少しずつ変えます。(9寸から1寸)男物の紐付けの重なりは、女物とは逆に出し気味に付けます。
伊藤和裁のホームページに、時々、裏地の写真を載せているのは、額に入った絵画の様に見えるよう裏地の肩裏の丈を細かく定め、寸法を割り出して、普通は人目に付かない裏地まで、きっちりと仕立てているのを知って貰いたいからです。

←前の事例次の事例→