着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

着物の仕立て

総絞りの振袖の仕立て


淡いピンクに菊、牡丹、藤の絵柄が振袖全体に流れる様に、鹿の子絞りで描かれています。
見事です。
お店で、絞りのお着物を選ばれる時は、仮絵羽と言って、簡単に着物の形にした物を試着され、帯や小物を合わせて、お定めになる事でしょう。
私ども、仕立屋の元にそのお着物が届くのは、その後なのですが、絞りの場合は、仮絵羽を解き、裏打ちがされてない場合は、ゴースという薄い布を斜めに糸で張ってから、仕立てに掛かる場合もあります。
絞りのお着物は、絞りが潰れたり、起き上がったりして、寸法が大きく変わらない様に、この裏打ちが重要になってきます。お仕立てには、この裏打ち布を一緒に縫うことになるので、ヘラが見えにくく、難しい仕立てとなります。

次の事例→