着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

子供用着物

総絞りお洒落刺繍三つ紋入り七五三用仕立て


新品の仮仕立ての子供用。七五三用着物を本仕立てしました。
疋田三浦絞り (ヒッタミウラシボリ)、染め色は桜色の無地の絞りに華やかなお洒落紋の四君子(シクンシ)を背中と両後ろ袖に手刺繍で入れています。お洒落刺繍紋、三つ入れと疋田絞りの巾だし湯のしは、着物染み抜き専科が担当し、七五三用仕立ては伊藤和裁が担当しました。

仕立ては、総絞り刺繍三つ紋入り七五三用仕立てになります。 七歳の七五三用にも、着用出来る様に、着丈、裄丈、共に長く、広く、仕上げています。肩揚げ、腰揚げを着用時の着姿のバランスの良い位置で摘まんで仕立てています。それから、着物寸法を元に長襦袢の仕立てもさせて頂きました。この長襦袢も新品の子供用です。袖無双単衣仕立てに仕立てています。
お子様の成長は早いので、身長が伸びても、着れる様に裾を引き返しで縫っています。無地で桜色のイメージなのですが、赤地に梅の花と、紅葉モミジの葉を散らした七五三用にピッタリな長襦袢。半衿も赤地のアクセント。うしろ着物姿には、背中、両後ろ袖に四君子のお洒落刺繍紋が可愛く、上品に着物姿をアピールしています。四枚目の写真は紋が汚れない様に紋紙で紋を包んでいます。着用時には、この紋紙は取ります。着用時には、着物の袖の振りから、赤い長襦袢が見え隠れして、周りの大人たちの脳裏に印象に残る、優しいながらもインパクトを与えてくれます。レンタルや、既製品の七五三用きものと長襦袢とは違う、古来からの無垢で清らかな桜色無地のお誂え七五三用子供仕立てをしました。

次の事例→