着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

着物コート

染め大島紬で伊藤衿道中着の仕立て


大島紬特有の軽くて、しなやかな地風の生地を伊藤衿道中着に仕立てました。
伝統に育まれて、いつの時代も愛され続けてきている大島紬。趣味の装いだからこそ、大島紬で道中着にすると長コートでも、軽くて、一枚あるとお洒落に便利な道中着だと思います。

今回の大島紬は、近年、泥大島紬とよく似通った、より身近に購入出来る染め大島紬です。
大島紬の柄ゆきは、縞状(シマジョウ)に鬘帯(カズラオビ)。 その鬘帯には、七宝、亀甲花菱、雲取り、梅鉢が染め出されています。斬新な意匠ながら、白と黒で染め分けされた淡彩表現、、染めによる色彩の美しさが表現されています。

道中着は、比較的ふくよかな方が、選ばられることが多いです。前の打ち合わせが、ゆったりとしているので、歩いていても、開かないからです。道中着の紐ヒモは、内紐と飾り紐外紐で結ぶ型と下前の衿先に付いている長紐を帯の後ろを回し、右脇に開いた紐通しから出して、上前の紐を結ぶ型があります。このコートは、後者になります。お客様の好みでお選びいただいています。

次の事例→