着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

着物の仕立て

京友禅の訪問着


京都の友禅の美の着物をもっと、楽しむ。晴れやかな京友禅の訪問着で、華やかでおめでたい日を迎える。京友禅の京風の色合い、優美な文様取り入れ。そして、着物全体に漂う伝統の誇りは、日本女性にとっては、一度は袖を通してみたい憧れの着物と言えるではないでしょうか。
京友禅の老舗が吟味を重ねて、自然が織りなす様々な現象を最大限に表現し、製作した訪問着です。古からの着物の美は装う心に豊かな喜びを齎してくれます。最高級な京友禅の優雅な訪問着を仕立てました。
着物全体に豪華な金彩加工、そして、様々な淡い色彩でたなびいている雲や雲の中に水仙や七宝などを描いた雲取り文様。訪問着のメイン柄の部分の上前の衿から胸、裾に掛けて、正倉院文様の華紋が金彩加工され、いろんな手法で、何人もの職人さんの手を渡って、何れも御目出度い吉祥文様を散らし、さり気無く施された金箔が京友禅の華やぎを、そして、友禅染めの美しさを感じさせてくれています。
仕立てる場合、これだけの細工をされるとお客様の寸法で、柄合わせや縫いに掛かると細工された文様柄の色ごとに縫い糸を替えなければなりません。特に、背縫い、脇縫い、衽線は気を付けます。そして、綺麗に仕立て上がった時は、何とも言えない達成感に浸れます。そして、とても誇らしげな気持ちにもなります。

←前の事例次の事例→