着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

仕立て直し

御所人形柄の付下げの仕立て直し


お客様、持ち込みの着物と長襦袢です。
着物はすべて解いて、洗い張りをして、裏地の八掛けは、そのまま使用し、胴裏は、黄変、変色していましたので、胴裏のみ新しいものを用意し、仕立て直しました。一緒にお預かりした長襦袢は、着物染み抜き専科で着物クリーニングをしました。

今回のこの着物、付下げは朽ち葉色クチバイロの落ち着いた色合いの染めに、御所人形を飛び飛びに配した古典的な印象のある模様です。なので、お茶会やお目出度い席にお似合いの一枚です。
この付下げを洗い張りの時に、糊付けを濃い目にし、生地を固くして、着用した時の裾捌きスソサバキを良く、動きやすくしています。動きがあってこその仕草の美しさ、着物本来の着姿を際立てた付下げに仕立て上げております。仕立てについては、身長の高いお客様なので、掛け衿丈を少し長めにしています。袖、衿、身頃、全てがスッキリと綺麗に仕立てました。

次の事例→