着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

子供用着物

三つ身アンサンブルと被布の三点仕立て


絹糸の温もりを大切に織られた格子柄の紬地、綺麗な貝紫色カイムラサキイロの色合いが、ほのぼのとした絣独特の美しさを醸し出しています。この色合いの紬をお子様用のきものの形に仕立て上げるとレンタル着物には無い、これもまた、独特の可愛い着物に変わります。

子供用の仕立ての場合、着物と羽織のアンサンブルや着物と被布のアンサンブルなどの二点セットの仕立ての依頼は普通ですが、今回は、着物、羽織、被布の三点セットの仕立て、肩揚げ、腰揚げ付きの依頼です。
三つ身で着物と羽織を仕立てるには、大人用の着尺の反物で、工夫を加えても用尺、ギリギリの裁ち合わせをしての仕立てになります。
今回の様に被布も入れた三点になると反物二反か、アンサンブル用の用尺が必要になります。
この三点セットは、全て、袷仕立てになります。被布衿コートには綿を入れた綿入り仕立てにしております。
三つ身仕立ての依頼は少なく、着用する期間が少ないので、三つ身を略して、中裁ち四つ身に仕立てられて五~六歳まで着られる方が殆どです。

次の事例→