着物の仕立てと仕立て直し伊藤和裁

着物の仕立て

榛摺色(ハリズリイロ)の結城紬の仕立て


織物の中でも、最高級品と言われるのが栃木県と福島県の県境に山間部、結城の里の結城紬です。
一度、触ってみれば、その軽くて、 しなやかな風合いの生地の魅力のハマってしまいます。
今回の結城紬は、写真を加工したような、セピア調の配色で、着物の裁ち合わせは、片身替わりで柄ゆきを表現した、この結城紬は、半身は蔦模様、もう半身は南天模様を縦縞状に植物文様を疎密に織り出してあり、落ち着いたデザインながらも、華やぎを感じさせる織り絵羽です。
初釜、花展、画廊などのパーティーなど、美しく装った人々の中でも一際ヒトキワ映えます。その様なパーティー用に着こなしてみては如何でしょうか。織りの着物の装いを少し広げたコーディネートです。

仕立てについてですが、結城紬も、色々な柄ゆきがあります。今回の結城紬は、反物の巾の両端から、縦に色目が分かれ織られている植物文様の色調も異なります。この様な柄ゆきの場合、裁ち合わせによって、随分、雰囲気の違った着物になります。
この結城紬は、追い裁ちにして仕立てました。同じ方向に裁ち合わせします。一番顔に近い衿にどちらの色を持ってくるかを決め、その反対色が衽になります。衽が決まれば、身頃、袖付け、と柄合わせを決め、仕立てていきます。

次の事例→